太陽光発電のメリット・デメリット

電力不足とよく聞く中で注目が集まっているのが太陽光発電です。読んで字のごとく、太陽の光によって発電する、太陽の光を電気に変えるシステムです。ですが、太陽光発電のことを何となく知っているけど、詳しくは知らない、という方がまだまだ多いのが現実です。すごく良いものといわれてはいますが、まだまだ導入されてない方が多いです。これから太陽光発電の導入を検討しているという方は、まず太陽光発電がどのようなものかをよく理解してから、いくつもを比較検討することが大事です。

太陽光発電は今どんどん価格が下がってきています。太陽光発電を設置することに対して自治体から補助金が出るところもありますが、価格が下がっていることに起因するのか、補助金の支給を終了したり引き下げたりする自治体も出てきています。検討するなら早い方がいいですね。

ここではまず、太陽光発電のメリットとデメリットについてさらっと紹介してみますね。

太陽光発電のメリット

太陽光発電を設置するとどのようなメリットがあるかが気になるところですが、これには大きく分けて3つのポイントがあります。経済的なメリット、社会貢献ができるというメリット、環境へも貢献できるというメリットです。私が実際一番気になるのは、経済的メリットです。

太陽光発電の経済的メリット、一番簡単に言うと、電気代が安くなります。太陽光発電により発電した電気は自分の家で使います。その間は電力会社から電気を買う必要がないので当然電気代が安くなります。ただし、これは太陽が出ている昼間の話です。夜は電力会社から電気を買うのは変わりません。そしてもう一つ、もし昼間に発電した電気が余ったら(発電量が消費量を上回った場合)、その電気を電力会社へ売ること(売電)ができます。何だか難しそうですが、機械が自動的に行ってくれますので太陽光発電を設置してしまえば、売電について自分で何かするということはありません。使った電気代は従来通り電力会社から請求があり、売った電気はその分の振込があります。このように自分で作った電気を電力会社へ売ることで社会へも貢献することができます。また、太陽光発電は、エネルギー源が太陽光ですからとてもクリーンです。大気汚染などの心配もありません。CO2を排出することもありませんから地球温暖化への配慮もできます。

このように太陽光発電は非常に便利なものですが、実際に周りの家の屋根を見ても、設置しているご家庭はまだ少ないですよね。これは、太陽光電池のメリットよりもデメリットを実感しているもしくは、懸念しているご家庭がまだまだ多いということでしょう。太陽光発電を検討するに当たり、当然、どのようなデメリットがあるかを知っておくことも大切です。このデメリットをどのように回避・改善していくかで、より大きなメリットを引き出すことができます。

太陽光発電のデメリット

太陽光発電のデメリットには、設置する前に検討すべきデメリットと、設置してから発生するデメリットがあります。設置してから発生するデメリットといっても予測できることなら設置前に検討することも可能でしょう。設置前に懸念されるデメリットは、コストが高い、コストの回収に時間がかかる、天候や環境により発電に差が出る、場合によっては売電できないケースもあるなどです。設置してからのデメリットは、雨漏りの危険性がある、家の保険を見直す必要があるなどです。これら以外にも悪徳業者が多いということもあります。

太陽光発電の値段が下がってきているとはいえ、やはり設置するとなるとまとまったお金が必要です。業者により値段も異なってきます。複数の業者から見積もりを取るようにするのが一番ですが、中には悪徳業者も居るということですので、価格だけに注目するのではなく業者の人となりをよく見極める必要があります。とはえい、一件一件見積もりを取るのも大変です。一括見積が取れるサイトなどを利用してみるのもよいでしょう。最初に必要になるコストは大体1k当り50万円前後が平均的なようです。そしてこの設備投資をどのくらいの期間で回収できるかということが次に検討すべき内容になります。この回収には時間がかかります。10年とも15年ともいわれます。回収には時間がかかることがデメリットになります。
太陽光発電は、どこでも同じように電気を作ることができるかというと、もちろんそうではありません。発電量はお天気の加減により異なりますし、日の当たり方でも当然ことなります。発電量がどこでも同じではないということがデメリットになります。住んでいる環境によって発電量が変わってくることになりますので、これを考慮して検討する必要があります。
また、ケースによっては売電できないこともあります。電気の流れが電圧の高いところから低いところへ流れる特性を活かして、家庭用発電機の出力電圧を電力会社より高くすることで売電が成立するのですが、地域によっては、電力会社の電圧が高すぎてうまくいかないケースも出てくるというデメリットを持っています。これを回避するために自宅専用の変圧器を設けるなどの対策が必要で、初期費用がプラスされる可能性があります。

太陽光発電を設置した後からも、雨漏りが発生するなどのトラブルも見受けられます。太陽光発電を設置する屋根の老朽化が進んでいる場合、負荷をかけすぎることで屋根が破損してしまうこともあります。太陽光発電を設置する前にきっちり調査する必要があります。また、太陽光発電には保証がありますが、災害や落下物などの偶発的な事故で破損、故障した場合は保証の対象外となります。自分で損害保険に加入しなければいけません。自宅にかけてある保険を見直して、これをカバーするようにする検討が必要です。メーカーの保証期間は通常10年です。当然ですが、太陽光発電はもっと長く使えます。その後の保証は自分で行う必要があるというデメリットも生じてきます。

以上の太陽光発電のメリット・デメリットをよく考慮して、メーカーの選定や屋根にあったパネルを選ぶなどをしてください。見積もりは必ず複数から取り寄せ、偏った情報に流されないようにしましょう。